りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

関西人の芸人との関わり

ボクらの時代にこの3人が出てた。

懐かしい。

f:id:otoboke-imotarou:20190118082805j:image

 

みんなコンビを解消してピンになったのよね。

モストデンジャラスコンビにLaLaLaにリミテッドって…松口VS小林って…あったね。。

 

すんげ〜が終わって、二丁目が無くなり…でも「くわんがく」(カタカナやったかも)でレシートすごろくで人気が出始めた陣内を、たむけんはオールザッツで何年も「陣内死ね」と言い続けたり、超合金あたりの同窓会みたいな企画を子連れで参加したときも、まだ言葉を話し始めたぐらいの幼児の息子にも「陣内死ね」を覚えさせ、連発させたのが面白かったな。

 

わたしは、ネタよりも、あの辺の芸人が集まって話しをしてるだけが一番ウケたし、死ぬほど笑った。

メッセンジャー黒田をブラック田黒田と呼ぶコントや、金八やらジャッキーチェンが、好き過ぎて出来たと思われるコント…他にも長渕剛もあったな…とにかくみんな楽屋でワイワイ言って、でもそこから組み立てて出来たんだろうなあと笑いながらも関心してみてた。

あと、すんげ〜ベスト10って、NSC出身でなくてもオーディションで合格してオンエアになる素人みたいのが、徐々に芸人になっていくのも面白かった。サバンナにシャンプーが、最初はよそよそしかったのに、途中から千原?陣内?軍団みたいになっていくのを今でもはっきり覚えている。

 

話は変わって、わたしのイトコ(男性、もうすぐ50歳)は、大学を卒業してから10年間くらいは実家のある大阪から離れて、転勤で東京在住だったのだが、実家に帰省するタイミングは必ず明石家電視台に合わせてた。明石家電視台をみたら大阪に帰ってきた感が増すといつも言ってた。わたしも最近、転勤で関西に1年間居なかったときは、死ぬほど関西のお笑いを撮りためた。

 

また、うちの母はわたしがダウンタウンやら、二丁目〜baseに出てた芸人の出てる番組をみて笑ってたら、2、3回に一度ぐらいの高い確率で、昔の三枝、仁鶴、鶴瓶、八方がどれだけ面白かったかを軽く語り始める。多分これは、関西の70代、60代後半世代の得意文句だろう。

何だか分からないが、張り合ってくる。

 

こんな感じで育ってきたので、他人とは思えない昔から知ってる、面白い他人イコール芸人は、我々(わたしの身近な人たち)にはかなり欠かせない存在だ。

 

今日も友達から、明日の過ぎるTVは、長谷兄NGKコレやるとラインがきた。

わたしは関西で生まれ育って幸せだ。