読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

出張で困ること

いつも困るのは、やはり衣食住だ。
衣…
初めての二週間の出張では、荷物を極力持って行きたくないから、靴下とパンツはちょいちょい洗ってを繰り返していた。生乾きの靴下にパンツ…に慣れることはなかった。
しかし二回目の二週間の出張では学習した。生乾きにならないためは、天然素材のものを持って行かないことだ。ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン素材ならば、シワにならず乾くのも早い。本当は綿の柔らかい素材に包まれたいのだが、わたしの出張中のパンツは勝負下着みたいなナイロン製の光沢のある艶かしいものばっかりだっだ。いつ誰かと行きずりで何がが起こってもいいしね。ないけど…
しかし、二週間ビジネスホテルで快適に過ごすためにビジネスホテルの朝食会場位には行ける位用のパジャマは必ず持って行くことにしている。これが冬だからすごくかさ張る。なので、わたしの荷物はほぼパジャマだと言って間違いない。備えてある~いくら綺麗に洗っているとはいえ~前日にどこのおっちゃんが着たか分からない浴衣はホンマにキビシイのです。あと浴衣は起きたら必ず脱げて、腰のヒモだけになっており確実に風邪をひくのです。あの浴衣が難なく着れるようになったら出張のプロでしょう。

食…
もちろんビジネスホテルで、自分の好きなものを食べることは不可能。ホテルの向かいのファミマにお世話になりまくり、一瞬ファミマのバイト君より商品に詳しくなったのでは?と感じたくらいだ。しかし、すでに出来上がったお弁当やお惣菜が苦手だ。出来立ての料理はお店に行ったら食べれるが、そんなもん毎日食べていたら~あっという間にお金が無くなる。次回、あと数日で出発する出張はわたし史上最長の23日間だ。本当に毎日お腹が空くし困る。男のひとはこんなことは困らないのだろうなー。あゝ安い薄味の定食屋情報が欲しい。ちなみに次回は今月末に盛岡駅周辺に滞在。元旦のビジネスホテルに40歳のおばさんがひとり…虚しすぎる。。

住…
ビジネスホテルで困るのは、何と言っても古い作り。出張初体験時のわたしは会社が取ってくれたホテルに泊まったのだが、これがなかなかポンコツで辛かった。駅からホテルに歩きながら近づいていき、目でなんとなくの外観を認識できた瞬間帰りたくなる。あゝ嘘であって欲しいと思うほどボロいのだ。そういうトコに限ってHPにはおそろしいほどキレイに見える画像が載っていて、その差に驚く。もうそれってサギだと思うからせめて値引きするとかして欲しいくらいだ。
古いホテルは確実に部屋の設備も古い。勢いのないシャワーにHighとLowのでっかいボタンしかない空調、なぞの匂い。この部屋であと何日…と指折り数えながら過ごす日々。。辛い。
また別のホテルは、エレベーターがひとつしかなく朝の急いでるいるときになかなか来ずにイライラした。一応、女性なので最上階に泊めてもらうことが多いのだけど、そのなかなか来ないエレベーターがやっときても各階に止まっちゃって全く進まない。こっちはハナから乗っているからエレベーター係になっちゃってるし…

とずらずら書いたけど、最近はちょっと慣れてきたので知らない土地に行く楽しさも覚えている。休みの日には観光地に行って、いつもまだまだ知らないところがいっぱいあるなあと思う。あと数日で東北入り。どんなところだろうとワクワクする気持ちと荷づくりが面倒な気持ちで今はいっぱいである。
あー仕事の心配をしてない。こんなテキトーだからわたしはあっちこっちに飛ばされるんだろうな。

 f:id:otoboke-imotarou:20161212234116j:image

ビジネスホテルからの朝日は開かない窓からしか撮れなかった。けっこう綺麗で感動したんだけどな〜、いま見たらなんじゃこの写真?である。