りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

なんなんだ

半年くらいぶりに

元彼からラインがきた

元気?の一言だけ

嬉しくも寂しくもなく

?って思った。

 

あんなにひどい別れかた

わたしと付き合っている間でも

元彼女と連絡を取り合っていて

やはり復縁をすることになったらしく

勝手にそっちで盛り上がっていた

のに気づいていたけれど

何となく分かってないようなふりをした

わたしに、いい加減に気が付けよと

言わんばかりに

わたしと付き合ったときから半年位ずっと苦痛だったとエラソーに言ってきた男だ。

もうわたしに気がないのに、わたしと別れる数日前に一緒に前から計画していた旅行に行った男…旅費、遊園地代、帰りに寄った居酒屋代は全部わたしが出したんだけど、悪いなあと思っているんだろうけど、なんかそのままわたしに全額出させた男。

さらに別れる前に元彼女と会っていて、手づくりのカレーを食べさせてもらったので情がうつり、嬉しかったらしく、本当は元彼女と一緒になるためにこの知らない土地に出てきたと、わたしが買ってきたビールで酔っ払って平気で言う男。

とにかく最低男。

最後に俺はあんたに優しかっただろうと言った男。

自分でそんなことを言う男。

優しくなんてなかった、優しいふりだけだった。わたしは気がついていたけど、あんまり長く付き合わないだろうから、なんとなくテキトーに流していた。

友達か何か知らないけど、ゲーセンで知り合った人と何年かぶりに会って遊んで、お金が底をついてしまったからと言って、職安からのお金が出たら返すと言ってわたしに金を借りた男。

まあ貸したわたしにも問題があるわな。

 

っていう男が、何故いまわたしに連絡をしてきたのか。まあヒマで酒でも飲んでちょっと思い出してしまっただけなんだろうけど…金が尽きたのか、またやりたいのか、、。

 

金は返さない、元彼女と会っていて、別れ際にボロクソにわたしに文句を言って、最悪な別れかたやったのに、平気で軽く元気?とラインをしてきた男。

あんだけ人を傷つけておいて、よくこんなラインを送ってこれるなあとあきれた。

 

わたしの知っている中で一番の最低男だ。

嗚呼、一瞬だけでもとろけるくらいそんな男のことを好きだった自分が情けない。

 

でもなんかここに書いたらすっきりした。

 

ちょっと忘れかけていたのに、たった一言だけどラインがきたことで気合いが入った。夏で暑くてすぐ汗だくになって、洗濯しやすい服というか、なんかテキトーな身なりだったわたし。

いやしかし、いつすれ違ってもいいようにキレイな身なりを心がけていようと心に決めたのでした。