読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

腹痛のため病院に行ってきた

何日か前から左下に腹痛があるから病院に行ってきた。会社は休んだ。

 

最初は腹痛だけだったけど、腰も痛くなってきた。ヒマだから会社のPCで症状を検索してたら、もうなんだかとっても病人になってきた。子宮筋腫腎盂炎?卵巣関係?盲腸?子宮外妊娠…はないな。いやーどんどん気が滅入ってきた。しかも昨日は会社に行く電車の中で前に立っていた大学生位の男子が、真っ白い顔で汗だくでぶっ倒れたのを目の当たりにしたのを見たのでさらに調子が悪くなってきた。

 

仕方ないので知り合いの看護師さんに聞いた。そしたら左下腹部は胃腸関連だけど、40歳のわたしだったら婦人科に行ったほうがいいかもしれないとのこと。ふむふむなるほど。なんで、まず近所の胃腸外科に行ってきた。べつに便秘気味でもないし、胃や腸に不信感はないのだけど〜一応。ストレスで腸にポリープができるとか聞いたことあるし…初めて行く病院。派手過ぎず、でもキレイめなパンツとブラジャーで行ってみた。あと、汚い格好で行ったらナメられるから、しっかりメイクして、とにかくキレイめの格好で行った。

 

問診票を書いて、診察室に通される。太ったおばさんの看護師さんに血圧と体温を計られる。血圧を計った後、その数値を記入するはずの問診票らしきものを用意して無かったのみたいで、その看護師さんは焦ったあげく手のひらに書いていた…。大丈夫か…ここ。

で、いよいよ問診。奥に座っていた先生は、かなり年配のおじいさんだった。わたしはベッドに仰向けになり、服をめくることなく、服の下に手を入れて腹部を押して、わたしがどこを痛がるかをゆっくり診てくれた。キレイめの下着に何の意味もなかった。先生曰く、触った感じは腎臓あたりだという感じだけれど、それだけでは判断できないからエコーをとりましょうということになった。

 

じゃあお願いいたします。となったが、エコーを撮れる先生が今日は居ないとのこと。では明日にでもエコーを撮って欲しいところだが、はいそうですからと明日も休むわけにはいかない。なので結局、一週間以上先の30日に撮ることになった…いや、えらい先やな。いますぐ知りたいのに。。先生は、いろいろ検査したほうがいいからと、検尿に検便に採血をするように看護師さんに伝えていた。検便だけは、持ち帰って後日提出するように言われた。しかし、検便キットに書かれた名前は全く知らない人の名前が書かれていた。いやこれ、他の人のやん…と思っているから、念入りに便の取り方を説明してもらっているが全然耳に入ってこない。いやだから、ここはほんまに大丈夫か…

その後検尿をし、次は採血。採血するのは、さっきわたしの血圧の数値を手のひらにメモったおばさん看護師だ。なんか不安。。だったけど上手に取ってくれた、がカナリ大量に血を抜いた。いつも健康診断で取るよりも、太くて長い注射器だったもの。

 

たいした検査はしてないけど、なんかいい加減なおばさん看護師とエコーに一週間以上かかることや、大量に採血したことにめちゃくちゃ疲れた。あと、検便キットの全く知らない人の名前の上に修正テープを貼った上からわたしの名前を書かれたのを渡されたのも、さらに疲れさせてくれた。本当は産婦人科にも行って、婦人科系の病気を調べてもらう予定だったが、自転車で10分ほどの距離の婦人科には行かなかった。なので、いま家でビール呑みながらコレを書いてる。どう考えても行くべきだったのに。

病院はちゃんと選んで行かないと、ハズレのところにあたり何度も通院させられることになる。分かっていたのだが失敗した。

 

病気になっているかどうか分からないのに、病院に行く。検査は必要だから。もしどっか悪くても早期だったら早く安く治療は終わるだろう。でも、病気が進行しまくっていたら、長く高く治療することになる。治るのも遅くなる。本当は病院には行きたくないが、仕方ない。歳をとってきて、医療費の大変さがわかり始めた。突然、どっかが悪くなるのだ。そしたら時間と金がかかるのだ。風邪も治りにくいし、傷もなかなか消えない。

 

そんなに長生きはしたくないけど、そんな風になっている。ゔー嫌だな。まあ母よりは長生きしないとダメだしな。

 

しかし、エコーっていくらかかるのだろうか。