読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

40過ぎのおっちゃんを部下にした29才のわたし

今週のお題「印象に残っている新人」

 

以前勤めていた会社で人が足りず、募集をかけた。

急ぎで入社してもらいたかったため、応募期間は短かった。なので数人だけを面接して唯一の経験者(DTP経験者→カタログなどをイラレとかフォトショップで作ったことある人)を採用したら。40過ぎのおっちゃんだった。今思うと、どんな募集の仕方だったのだろうと感じるが…

 

おっちゃんは、その時面接したわたしの会社の社長とトシが近くて、彼は苦労していると勝手に親身になり採用してしまった。一緒に働くのはわたしなのに。

いま40才目前のわたし、そのおっちゃんとはいまちょうど同じ年頃。その人のことをおっちゃん呼ばわり(バカにしている)のにはわけがある。

 

全く働かないのだ。わたしから指図されるのがどうも嫌だったらしく、無視したり、たばこ休憩ばっかりしてた。いいかげん腹が立ってきたので、もうあんたみたなの社長にチクッて辞めさせてやる的な事をいったら、「あなたが僕をクビにするとか決めるのはおかしい」「えらそーに言うな、あなたが社長では無いのに、僕に指図するな」とかなんとか…一応わたしはその課の責任者だったのだが、おっちゃんにはそんなこと通用しない。

 

ああ、こいつは気が狂ってる…

相手にしてたらこっちの頭がおかしくなりそうなので、こっちも無視して仕事は与えなかった。結局おっちゃんは何も仕事を与えていないのに、PCの前に座り、なぜかずっとマウスを動かし仕事をしているふりをしていた。わたしは死ぬほど忙しくカタログやらチラシを作りまくり、残業しまくった。おっちゃんはわたしよりも背が低く(わたしの身長は156cm)、太ってて、鼻の穴の中身がしっかり見えるブタみたいな顔面…いつも80年代風のネコとかワンコのイラストの不気味なトレーナーを着ていた。外見のことは関係ないな…でももう見るのも、となりで同じ空気を吸うのも嫌だった…

3ヶ月経って、やはり元の会社に戻るので会社を辞めると言い、おっちゃんは居なくなった。

ホッとして、おっちゃんが使っていたPCを見てみた。

仕事をしてたふりして、どーせネット見てたんでしょうということで、何を見ていたのか履歴をチェックしてみたのだ。しかし、さすがのおっちゃん、見事に履歴は消されていた。

 

わたしは、今度はトシの若い何でも言うことを聞くような未経験の人を入れてほしいと希望した。

責任を持って、入ってきた新人に教えるからと言って、若いお嬢さんを入れてもらった。

おっちゃんが使っていたPCを若いお嬢さんに引き継いで使ってもらうことになり、もう一度PCを整理した。

そしたらなんと、見慣れない名前が付いたフォルダがあった。

宮崎あおい」フォルダ。。

嫌な予感がしたが勇気を出して、そのフォルダをクリックしたら

f:id:otoboke-imotarou:20160404190502j:plain

やはり宮崎あおいちゃんの画像が大量に集められたフォルダだった。

しかも全部水着だった。

今じゃ考えられないけど、水着の写真が結構出回っていたみたい。

とにかくものすごい量の画像だった。

すっごく気持ち悪かった。仕事をしないでこれを必死に集めてたんだなと…

 

あのおっちゃんは今どうしているだろう。

全然興味なんか無いし、忘れてたし、どーでもいいのだけど。

このお題でふっと思い出してしまった。