読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

誰もわたしのことなんか気にしてない

今日は健康診断でした。
半年ほど前に彼氏と別れてから手入れをしておらずカラダが無法地帯だったので今朝はお風呂で毛を剃った。
病院のキレイな看護婦さんと更衣室でパジャマみたいなものに着替える時に同僚に見られるから…
ワキと脚と、乳房のところに生えてる謎のながーい毛とオサラバした。もしかしたら両手をバンザーイするかもしれないし、同僚に伸びきったブラを目撃されるかもしれないし、心電図とる時に乳房のながーい毛に看護婦さんが爆笑するかもしれないし。

そんなことあるわけないし〜まあ、誰もわたしことなんか見てないだろうけど一応ね。

あと、なんとなくいつもより良い下着を着用した。問診してくれるお医者さんに、このブラは、ここのレースと淡いピンクが超可愛くて気に入ってますねんっていうわけではないが一応ね。

健康診断とかじゃなくて、カラダの手入れをしたり、気に入っている下着を着用するコトはこの先あるんだろうか?

…問診の先生は、あなたは肝臓が強いといってくれました。 

あしたは1人で飲みに行こうっと。。