りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

サラメシが好きだ

サラメシが好きで録画して見ている。

はじめてホームページも見たけどこれも面白い。

みんなのサラメシという、働いているみんなが送ってくる画像とそれと共にくっついている短いエピソードがよい。

 

でも最近あんまりだなーと思う回がいくつかあった。

①プロゲーマーの昼ごはんの回

昼夜が逆転した生活にて共同生活をしてゲームの世界一を目指している人たちのご飯。

チャットモンチーの昼ごはんの回

ライブ前のリハーサル中のご飯。

③はじめての社員食堂を作るのに奮闘するIT企業の昼ごはんの回。

社食をオープンさせたIT企業の担当者のご飯。

 

すっごい偏見なのは分かっているけど、この3つの回は見なくてもよかった回。


素朴なんだけど手が込んだお弁当から出てくるエピソード。朝から何を食べようか決めているサラリーマン、忙しそうな営業マン、漁師さんやシェフのランチやまかないから分かる色んな働く人の日常。そういうのを観て、わたしは勝手にその人の生活や考え方、目には見えないけど背負っている家族や仕事のことを想像したりして、なんかしんみりできるのがこの番組の好きなところなのだが、最近のこの3回はそのしんみりが全く無くて、好きではない回だった。


①みんな同じ場所に集まって、人間が作り出したゲームにチームで勝つために寝食を共にして、健康や集中力なんかのバランスが考えられたとても美味しそうなご飯を昼から起きて食べている風景。プロゲーマーという職業らしいけど、なんか腑に落ちなかった。ゲーマーをバカにするつもりは全然無いが、なんだか虚しさだけが残ってしまった。飼われてるっぽい雰囲気が…

まあわたしは、出はじめたばかりのスーパーマリオを何面までクリアしたとかの話題になった時、誰よりも早く全面クリアした友達のことを、周りは羨ましがってたけど、ちっとも羨ましくなかったというような小学生だったからなのだけど、、


チャットモンチーのリハーサル中の昼食は、本当にどうでもよかった。ファンの人すみません。なんかよっぽど下手なアマチュアバンドの昼食の方が面白いのが撮れたのではないかと思ってしまった。


③のIT企業の社員食堂を構造&構想してオープンさせるという回なんだけど。すごく人手不足で、若い人を辞めさせないために、会社がレジャーランド化してるんだなと悲しくなった回でした。超テレビを意識した化粧のお嬢さんな社員のコたちが、社食開発担当の男性30代後半の上司にエラソーに意見を言っている風景が嫌だった。その上司もなんか言われるがままで、黙ったり小声になったり…「トレイは木製でないと駄目なんです」って女子社員たちはそれを押し通していたけれど、プラスチックみたいに管理が楽ではない=不衛生な木製トレイのどこがいいのか気になった。なんやかんやで、社食はオープン。色んな人の意見を取り入れて出来た!バンザーイかと思ったら、反省会みたいな雰囲気で数名の社食開発チームみたいのが社食を食べているのが最後に映ってたシーン…エラソーに上司に意見してたお嬢さん社員の箸の持ち方がヤバいのだ。観てるこっちが恥ずかしくなった。濃い化粧でヤバい箸の持ち方で起用に食べるその姿に、見なかったらよかったと後悔の嵐が吹き荒れた。


わたしトシとって、こんなことばっかり言っている。嫌だなー。

何が嫌って実はチャットモンチー大好きなのに。