りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

母の老い(続き)

母と旅行に行くときは、必ずワリカン。

今回、宿や飲み食い、移動代をカードを使わず全て現金で、わたしが行く先々で支払い
帰宅してから精算しようと約束してた。
 
帰宅後、計算したらひとり約六万円。
母に伝えると、
「今回はすごく世話になった、ありがとうございました」と、やたら丁寧な言葉と共にお金を渡してきた。
十万円あった。
多いので返すと言ったが、受け取らない。
 
最近母を見ていると、色々考えることが
わずらわしいのだろうな…と感じる言動が多く
わたしは嫌で仕方ない。
お札ばっかりで買物するから財布は小銭でいっぱいだし、集中力がないから、テレビも最後まで聞き取ろうとせず、何でもわたしに、いま何て言ってた?と聞いてくるのが本当にうっとおしい。
 
普段は、なんとなくスルーしているのだが
旅行となると、そうはいかない。
何分後に着いて、何駅で降りる…
お土産関連…観光地のこと…
何度も繰り返し説明しているのだが、
頭に入っておらず、違う駅で降りようとしたり
乗り換えに時間がないから、あらかじめトイレに行くように言っているのに聞いておらず好きなタイミングで行く等…
もっともっと色々あるのだが…
とにかく、わたしのイライラポイントを突いてくる。
言葉を発すると、いつ爆発して余計なことを言ってしまうか分からないので、無言になるわたし。
 
楽しいはずの旅行なのに、無言が多かった。母は、無邪気に楽しんでいただけなのに…
気を使ってたつもりだけど、母にはバレてた、母の言動を気にしすぎて、わたしが旅行をあまり楽しんでいないことが。
 
てなわけで、手元に入ってきた
母からの、不機嫌な添乗員への約4万円は
かなり心苦しい(-_-)
 
f:id:otoboke-imotarou:20151125000839j:image
自転車で走行中、休憩していたら
みかん農家さんから頂いたみかん。
美味しいを連発して食べる母でした。