読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

出張14日間はきつい

東京に二週間。ビジネスホテル暮らし。

朝食は狭いスペースで椅子取りゲームみたいに椅子を確保。相席は異国のアジアな方々。

疲れる。

早よ自分の布団で寝たい。

晩は毎日コンビニで調達したもの。

あったかい出来立ての手づくりの料理が食べたい。

 

イヤ過ぎる出張は無理矢理楽しみを作って耐えるようにしている。東京暮らしの元同僚達と集まって飲んだり。チームナックスの展示を見に初めての池袋に行ったり。なかなか充実。

f:id:otoboke-imotarou:20161128232533j:image

富士山にも行ってみた。大雪で五合目まで行けなかったのが心残りだが、まあいいや。大好きな太宰治富嶽百景を読んでから見た富士だったので感動した。

f:id:otoboke-imotarou:20161128232715j:image

いや〜今回の二週間。地震がかなり怖かった。

わたしは東京のビジネスホテルでひとりで死ぬのかと震えた。40歳独身。ひとりで死ぬのは、何となく仕方ない気がするのだが、わたしと何の縁もない東京のホテルで死ぬのは嫌だなあと思った。

 

とか書いているが、来月はなんと東北に出張決定。東北…東北のどこに行くのだろうか?不安だ。とりあえず、明後日に一旦神戸の実家に帰れる。なので好きな番組を遠隔操作でハードディスクに録画できるように家の設備を充実させて次回の東北出張に備えよう。紅白とジャニーズカウントダウンをしっかり録画するために!いやしかし今朝、ベストアーティスト2016を母に頼むという遠隔操作で録画するように電話でレコーダーのリモコン操作を指示したのだが、録画できているか心配…。って…40歳独身女が何を書いて主張しているのだ…情け無いな…他に心配することはないのか…わたし…

阪急電車の朝のダイヤが気に入らない

最近仕事の関係で朝に阪急電車であちこちに行く。わたしは阪急神戸線の普通電車しか停まらない駅を最寄り駅にしている。

①東二見にいく
最寄り駅から高速神戸駅までとりあえず乗ると、阪神電車の車体で姫路までの特急と待ち合わせしているので乗り込み終了なのだが、山陽電車はいかんせん車両が少ない。沢山の高校生と社会人でいつも満員。勝手に山陽は空いてると思い込んでいたら最後、、約1時間ずっと立ったままなんてことはよくある。
一度、阪急の最寄り駅から神戸三宮まで出て阪神電車に乗り換えて、せめて三宮からは座ろうとしたが、阪急神戸三宮駅の派手な工事のせいで、たっぷり取ったはずの乗り換え時間内にギリギリ乗り換えられなさそうになり、もう二度としないと誓いました。

河原町に行く
阪急の一番大きな駅はもちろん梅田駅だが、本当の起点は十三駅だ。神戸線宝塚線京都線がぎゅうぎゅうに乗り入れている。わたしの最寄り駅から十三まででて、京都線に乗り換えるのが早いが、やはりそれでは座れない。。昔はそうではなかったが、今では特急とは思えないほど十三~河原町間の停車駅が多く長時間立ちっぱなしになる。なので梅田まで乗り始発の電車にてゆるい椅子取り合戦をして座って河原町に行く。まあみんなやってることだろう。

園田駅に行く
これが一番ビックリした。近いのに遠いのだ。
朝、快速?通勤?急行に乗り西宮北口まで行く。待ってもなかなか普通電車が来ない。なんだかんだで10分くらい西北にいることになる。またある朝は、同じように急行で武庫之荘駅まで乗る。すると武庫之荘駅が始発の普通電車がくる。来ることは来るが、やはりなかなか来ない。西北や武庫之荘の始発の普通電車…知らなかった。

摂津市駅に行く
わたしは一体毎日どこ行ってんだ…という感じですが仕事だから仕方ない。
わたしの最寄り駅は普通電車しか停まらないので、岡本や夙川、西北などで特急に乗り換えてとりあえず十三へ。京都線のホームに乗り換えるとき、若くてギラギラした学生達の群に合わせて移動。やっとホームに着いても…北千里行の普通電車。淡路で京都線の電車に乗り換えても、途中どっかの駅で電車の通過待ちを待って数分。。

わたしが同じ時間の同じ場所(主要駅が望ましい)に出勤しないのが悪いのか、普通電車しか停まらない場所に住んでいるのが悪いのか…いや多分わたしは悪くない。阪急電車のダイヤが悪いのだ。特急と言っても全然早くない。普通電車が停まる駅もそうでない駅も沢山の乗客が乗り降りする。狭いホームの春日野道や中津なんかはいつ見ても人がこぼれ落ちそうで怖い。いろいろダイヤを工夫してるようだけど、誰が得なのかわからない。普通電車しか停まらない駅を利用する大多数の人をちょっと広い特急が停まる駅に降ろしてそこで時間がかかる。もういっそのこと全部普通電車にしてもらいたい。どんどん駅にいる人をひたすら運べばいいのだ。そのほうが早くてスムーズだし、すぐ次の電車が来るなら無理な駆け込み乗車も減るだろう。あと何と言っても分かりやすい。いちいちスマホで乗り換え案内を検索しなくて済む。いやしかし分かりにくいのがいちばん腹立つ。

と、毎日違う現場に行って阪急電車のイライラを吐き出しながら、まさにいま普通電車が来るのを待っている。

嗚呼早く来て…

出張10日間行ってきた

わたしはずっと同じ机の同じイスで働いていたので、ちょっと出張に憧れていた。

 

だがしかし、厳しかった。

男の人がどうなのかは分からないが、女のわたしには苦行でしかなかった。

まあ、いい思いをしている男性サラリーマンもいるのでしょうが…

基本ビジネスホテル。前日に誰が寝たか分からないベッドで寝る、うるさい冷蔵庫、疲れがとれないユニットバス、ポンコツ過ぎるホテルのスタッフ、薄い壁で隣のおっさんのイビキがかなりうるさい、highとlowしかない謎の空調など辛いことばかり。さらに女性には月に一度の生理に当たった日は最悪だ。わたしは10日間で風邪をひいたり治したり…ホントに辛かった。帰り、空港に向かうバスは余裕を持って出たハズなのに渋滞。やっと着いたがLCCだから出発口は一番端。空港の端から端まで走ったね。やれやれと最終の飛行機に乗り込み、やっと一息してビール飲んて寝たら〜乾燥しまくりで喉がカラカラ…最後にまた風邪引きました。

やっと家に着いても、洗濯物やら会社に出す出張旅費の精算用紙やらの片付けでなかなか寝れない。やっと自分の布団で横になったときは少々涙が出た(大げさではない!いや本当に)。

 

と、なかなか辛かったがちょっと休みをもらえたので一人で観光できたのが嬉しかった。しかしいかんせん、全て一人。なのでどこに行っても観光地に独り言を喋る怪しい人だ。

f:id:otoboke-imotarou:20161030215522j:image

鋸山に行ったり。

f:id:otoboke-imotarou:20161030215604j:image

マザー牧場に行ったり。

 

わたしが出張に行ったのは千葉です。

色々辛かったけど内房を堪能しました。

 

世の奥様方は旦那さんの出張はほぼ遊びだと思っている場合が多いでしょう。いやしかし、1日でも自分の布団で寝ることができないことはカナリ厳しいのです。

ご主人が色々遊んでいる可能性も多いとは思いますが、温かい目で見守ってほしいもんです。

今回、10日間も家を空けてかなり出張の概念が変わりました。

あゝ、自分の布団サイコー

母がボケはじめてる…

認めたくないけどボケはじめてる…

わたしと母の二人暮らし。 

両親して父は居ない。

 

朝は、わたしが先に出て母が後から戸締りをして出る。帰りは母が先に帰って居るので、わたしは母が居る家に帰るのだが、昨日は母に用事があったので、わたしが先に帰った。

玄関の鍵をあけて家に入ると妙な雰囲気。

玄関以外の窓やら勝手口が全開だった。

えっ…

 

今日だけなら良いのだが、わたしがたまたま先に帰って気がついた時以外も、もしかしたらいつも開けっ放しで出て行っているのではないかと思う。

一軒家の窓の開け閉めは、結構大変。わたしはめんどうなので、休みの日以外の窓の開閉はあまりしないが、母は閉め忘れるくせに全部の窓を毎日あける。

聞き間違いも多いし、食べ方もすごく汚くなった。財布は小銭だらけだし。。書いてて悲しくなってきた( ;  ; )

 

最近の母の行動は本当にびっくりするようなことが多くて、わたしは怒りたくないが激怒してしまう。この前も真夜中に掃除機をかけたのでキレて怒ってしまった。

怒られたら、何故怒られたのかと考えず、ただわたしが怒って怖かったことだけが印象に残るよう。兄にわたしが怖いと相談していた。。

 

他にもパート先の同僚の人や、習い事の友達にもボケてきているのでは?と心配されていると言われて自分でも気にしているようだが、周りが心配して変だと、逆に周囲の人を不信がっている。なんだったら、こうなったらもっと本格的にボケたいなどとオソロシイ発言をかます始末。

 

自分の母がボケるなんて…思ってもみなかった。この先どうなるのかな。不安だ。

ネット社会

いろいろ書いてスッキリしたいが会社の云々かんぬんを言い回ったりブログやらSNSに書かないようにっていう誓約書にサインをしたので書けません。

 

そうか最近そうなのね。

 

いやしかし、転職サイトみてたら皆んな(辞めていった人たち)ボロクソに会社のこと書いてるねんけど…ナンやったら誰が書いてるか分かるけど…

 

毎日すごい満員電車で通勤して、上司にはエラソーに言われて、なんだか毎日疲れた。働いてないと不安だけど…もうちょっとマシな働き方は無いのかと本気で考えなくては…と思う。

いやーこうやってひとりで悶々としている間に、みんなちゃんと先のことを考えて上手くやって生きていくのだ。やばい取り残されてしまっている( ;  ; )わたしは落伍者やー!と誰にでもなく叫んでみた。こうやって叫べて、ネットって便利。

 

どーでもいいけど三連休を利用してまた北海道にきた。

残念ながら雨だが、やはり毎日縦長のぎゅうぎゅう詰めの景色と間逆の超横長の景色に癒されるというかスッキリする。

インスタやらFBなんかで、わたし楽しいで〜すと自慢写真を出したりはしないけどこれには載せて、自分でこの投稿をいつでもどこでも見直せるのが楽しい。

f:id:otoboke-imotarou:20161008212332j:image

こんな風景なかなか見れないもんなー

 

 

 

 

 

友達と旅行に行って疲れました

女友達と旅行に行って疲れました。

やはり旅は一人もしくは家族、もしくはお互い泊まり合ったりしたことがある同士と行くべきだなと改めて思いました。あと二人きりだと煮詰まるから団体で行くか…
しょーもないことでイライラして相手にも悪いし、こっちも自己嫌悪になるし、無言になるし。
もともと一人旅が多いわたし。男っぽいというか女子力ゼロなので、いわゆる女子とは分かりあえない。分かっていたのに行ってしまった…
最初からわたしと行ってもあんまり面白くないよと伝えておいたのだが、飛行機や宿の手配を一瞬でしたわたしと、一緒に行くのは楽だと思ったのかもしれないな。
 
その1~時間の使い方が違う
当たり前だが、女子は化粧をするし髪をしっかり乾かす。田舎のビジネスホテルの朝食バイキングを食べに行くのに、ばっちり化粧をする友達。いやーそんな化粧したら食べにくいし、朝からそんな誰も人の顔なんか見てないし…と思うのだが。。チェックアウトの前にテキトーに化粧して出て行くわたしには理解できずだった。。朝起きてお腹すいているのになかなか食べに行けずつらかった。空腹は不機嫌になる。晩は、風呂からあがったらずーっと髪を乾かしていた友達。わたしは、ボブなので髪を乾かすのに時間がかからないし、乾いてなくても旅行中は帽子やら、髪をくくるなどして臨機応変に対応するのだが…友達はロングヘア。自慢の美しい髪なのは分かるが、1時間近くドライヤーしてた…びっくりしてただただ驚いた。なんでそんなに髪の毛を乾かすのに時間がかかるのだと驚いているわたしに友達は、なんでそんなに時間がかからないのかと不思議そうだった。
 
その2~価値観が違う
じゃあ一緒に行くなよという感じだが、行ってしまったのだから仕方がない。わたしは、絶景とか秘湯とかそこにしかない歴史的建造物などに興味があるが、友達はそういうところは一瞬のみ写真を撮るだけだった。用意されたような場所が好きなようで、お洒落なカフェとか並んで入るような施設とかに夢中だった。わたしも付き合いだからと無理して並んだり、食べたりしたが、はっきりってどうでもよかった。
あとこれは仕方ないのだが、、わたしは真っ暗にしないと寝れない。しかし友達は逆に、どっか明るくないと寝れないらしい。まあ少しくらい明るいのは大丈夫だが(豆電球程度)、テレビをつけっぱなしとか、廊下の明かりがしっかり入ってくるようにドアを半開きにしようという案が受け入れられず、それだけはおもいっきり拒否させてもらった。ただでさえ彼女が布団に入ってからのスマホをいじる時間が長すぎて、気になって寝れなかったので我慢ができなかったから←こらえ性のないわたし。
はじめからシングルで別々の部屋にしようって言ったのに、受け入れてくれなかったからな~(泣)
 
その3~ノープラン
いっぱい調べてきているわりに、時間の検討をたててどこに行きたいかを考えるのが面倒なようで、「次はどこに行きましょうか?」を連発してくれて疲れた。でも別行動は嫌みたいで、わたしが行きたいところやら時間的に無難な場所を提案するまで待たれて、何だかなーという感じだった。ああ面倒くさい。好きなところに行きたくないのか…
 
その4~とにかく悩む
もうこれ以上書くなよわたし…と思うが、キーボードを打ち始めたら止まらない。。
お土産でも、食べるものでも、交通手段でもなんでもとにかく「どうしよう~?」「どう思います?」を言っていた。わたしはあんまり悩まないので、それを言われるのがつらかった。そんなんどうでもいいやん…って顔に出てたと思う。だって本当にどうでもいいから…それを最初は悟られないように頑張ったが途中から無理になり、「せっかく来たんやし、全部買ったらいいやん」と、とんでもないことを言ってしまっていた。そのせいかどうか分からないが、友達の荷物はどえらい量になっていた。
宿泊先の部屋で、あまりにも荷物が増えているので~自宅に送るか、全部一度並べて思い出として写真を撮った後、かさばるので不要と思われるパッケージ類は捨てて荷物を減らすように提案したら声を殺して泣いててびっくりした…
そんなキツく言ったつもりはないが、、そんなことで泣くなんて思わなかったからな〜。結局、友達のひとつの荷物はわたしが持ち~わたしの手荷物扱いにして飛行機に乗った。彼女の手荷物の持ち込める個数がオーバーしてたからだ。
 
友達というのは、同じ会社で働いているコで~仕事もよくできるし。かしこいし。いいヤツなのだ。あんまり旅慣れていないから仕方ないのだろうけど…と何故かフォローを書いているわたしは一体なんなんだ。何サマなんだ。
合わないのだから仕方ない。これからは一緒にどこも行かないようにしよう。それしかない。
わたしにはいわゆる女子旅(ハート)が無理なのだ。しかし32歳の女が、手荷物を減らせと言われただけで泣くのか…知らなかった。
 
あー勉強になった。
でもいい景色を体感して帰ってきて楽しかった。やっぱり北海道はいいな〜。
f:id:otoboke-imotarou:20160920184707j:image
 

 

1997年は奥田民生とスピッツのライブに行きました

f:id:otoboke-imotarou:20160916170728j:plain

スピッツのこのライブ…

内容が全く思いだせない…

いやしかし知らなかった、最近は便利だ~検索したら出てきたセットリスト

 

f:id:otoboke-imotarou:20160916172008p:plain

 

セットリストを見て思いだした!

2月で寒いのに、涙がキラリなんて夏の曲をやるんだ~と思ってはじまったことを。

あと不死身のビーナスで、ネズミの街→大阪の街とご当地名を入れて歌っていたな~

 

 

 

 

f:id:otoboke-imotarou:20160916170756j:plain

f:id:otoboke-imotarou:20160916170825j:plain

二日連続で行ってる…さすが暇すぎる大学生のわたし。

www.youtube.com

シングルで発売される前に、このCMで初めてイージューライダーを聴いた。

なんという名曲を作ったのだー!とめちゃくちゃ興奮した。

当時イージューライダーにはタイトルはまだ付いていなくツアータイトルにだけなっていただけだった。このイージューライダーは、これまでの曲は民生がバンドアレンジはすべて自らしていたのに、その当時のバンドのメンバーにパートの演奏やアレンジは全て任せたという曲なのだ。そのエピソードを知った時、ええ話やとちょっと泣いた。ライブでは民生はソロではなくしっかりしたバンドで、年上のメンバーを信じ切って楽しそうに演奏している姿がカッコよかった。

パフィーのデビュー、プロデュースも最高に盛り上がっていて~このツアーにもパフィーを同行させ、アジアの純真を一緒にやっていた。パフィーはデビュー直後で死ぬほど緊張しながら歌っていた。なつかしい!あのころすごく民生ファミリー(笑)は勢いがあったなー。

 

 

f:id:otoboke-imotarou:20160916170849j:plain

これは、2月のスピッツのライブの時に渡されたチラシのなかに、このライブの告知があったので友達数人と旅行がてら行ってみようかと申しこんで行ったものだ。大阪から香川県志度町へ。

これも探したらセットリストがあった。スピッツファンはマメだ。

 

f:id:otoboke-imotarou:20160916175533p:plain

 

テアトロンという聞いたことない会場の形式。

http://www.city.sanuki.kagawa.jp/sightseeing/sights/oogushi/theatron

f:id:otoboke-imotarou:20160916185306j:image

斜めに落ちていくような芝生の上で、はじめは立ってたけど〜途中から皆んな芝生に座ったり寝転んだりして観た。演奏するスピッツのバックは沈んでいくオレンジ色のでっかい夕日。すごくキレイでウットリして観た。マサムネも景色と会場の雰囲気に感動しまくりで、MCも最高だーとかそんな感じばっかりだった。またこの会場で演って欲しいもんです。