りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

スピッツをみるために広島へ行ってきた

40才のわたしがスピッツをひたすら聴いていたのは高校2年から30才くらいまで。おばさんになり、探究心がなく新しい曲よりか、むかしからのなじみのある曲ばかりを聴くのが最近の日常。

 

でもこの前のコメットはよかったな。何回も聴いてる。というわけで最近の曲は薄ら覚えている程度で広島のグリーンアリーナinスピッツに参戦してきた。さすがスピッツ30周年だけあって、ほぼ知っている曲ばかりのラインナップ。最近の曲にうといわたしでも余裕でした。30年前に影も形もないヤング達に混じりつつ、がんばって立ちっぱなしで疲れたが、広島まで行った甲斐がありましたわ。

 

いつも思うのは、マサムネの声が高くて、かなり得をしているバンドだということ。もうすぐ50のおじさん(すみません)とは思えない、高い若々しい声は、なんかよく分からないけど色褪せないのです。色褪せず、ちょっと懐かしいような雰囲気を感じさせつつ、年齢不詳なマサムネの作る曲達のキラキラ度が半端なく心地よくて、そら今度、生田斗真くんの映画にも曲が使われるわけよね〜って感じです。

 

あーそうそうわたしはいつも、スピッツのライブは他人の曲を、さも自分達の曲のように演ってくれるのが大好きだ。今回は無かったが、いつもセンス良すぎるカバー曲は、えーどのアルバムの曲だっけ?じゃあなくて、シャネルズのランナウェイか!とかスワロウテイルバタフライって!っていつもそのチョイスにもうっとりしてしまう。MCでは、カバー曲をやってカサ増ししてるってなんて言ってだけど、キチンといろんなアーティストをリスペクトしてるのが分かって、微笑ましくもなってしまう。分け隔てなくいろんな音楽を聴いているのだなあと。。

 

これからスピッツの今回のツアーを観る人も居るだろうから、ネタバレなしで書いてみた。いやしかし、昔みた香川の志度町のテアトロンに参戦できる人が羨ましい。海に沈む夕日とスピッツをいっしょに観れるなんて…いいな〜わたしは多分T_T泣いてしまうわー。

 

 

これからも応援してくれとは言わず、これからも楽しませると言った、男らしいマサムネ。曲はもちろんなんだけど、そんなマサムネがみんな好きなんだろうなと感じた広島でした。

 

広島のタワレコでパチリ。

 

 

f:id:otoboke-imotarou:20170724165436j:image

実家に帰る

転勤先から月一で実家に帰る。

もうすぐ70の母がひとりで暮している家に。

わたしが数ヶ月前に転勤してから、すっかりおかんの家になっている。わたしが一緒に暮した片鱗がほんの少し見えるくらいだ。

 

冷蔵庫を開けたら、使ったカレーの皿がそのまま入っていた。虫やら匂いやらが気になるから、すぐに洗えない時は入れているとのこと…

 

母は、自分の寝室があるのだが、その部屋には行かずリビングのテーブルを部屋の隅に移動させ、こたつの敷き布団をふたつに折ったものの上に寝てる。テレビと並行に寝てるのだが、テレビは消さず爆音のまま爆睡。多分、夜中テキトーに消すのが日常になっているのだろう。

 

40歳で独身のどうしようもない娘のわたしだが、帰ってくるのがうれしいらしく、わたしが好きそうなパンを数種類買ってくれている。あと、いつもは少ししか入れないのに、わたしがいるからお風呂のお湯はなみなみだ。風呂上がりに、綺麗に洗濯してくれている清潔なパンツを穿いて気持ちがいい。

 

わたしが大切に育てた観葉植物にしっかり水をやっているらしく嬉しかった。

 

何が言いたいのか、サッパリわからない内容の文章だけど、いま思ったことを残したくなって書いてみた。もうわたしも寝よう。

f:id:otoboke-imotarou:20170609010604j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやつにパン

<p>今週のお題「おやつ」</p>

わたしは阪神間に住んでいるのだが、いまは転勤で出雲にいる。地元を離れてやっと分かった。阪神間のパンと洋菓子のレベルの高さを。

出雲でパンを買うことはない。

出雲でケーキを買うことはない。

出雲のある店で一度パンを買って、あまりにも美味しくないというか何というか…味や見た目にとにかく納得できなくて、悲しくて…仕方ないので、開き直ってスーパーのテキトーな食パンに150グラム1000円の道産バターを塗って食べている。

ケーキ屋にいたっては、食べたくても食べられない。ケーキ屋がないのだ。あるかもしれないが絶対数が少ない。

わたしはそんなにこだわりが無いと思っていたが、明らかに美味しいパンと洋菓子に執着があったのだ。

早く地元に帰ってケルンのチョコッペhttp://www.kobe-koln.jp/bread/

カスカードのアップルパイhttp://www.cascade-kobe.co.jp/cascade.htmlが食べたい。

高級なパン屋では無い、庶民的なパン屋なのだが、キラキラした宝石のようなデニッシュが日常だったのだ! こんなしょーもないことを書いて…わたしホームシックや。

レオパレスに住んでいる

なかなか住み心地がいい。
壁が薄いだの、床が薄いだのの噂がありますが、わたしにはとくに感じません。

テレビも冷蔵庫も電子レンジもIHだけどコンロもあるし、洗濯機もエアコンもカーテンもクローゼットもウオシュレットもあるし、な~んも問題無いです。
わたしは大雑把な性格なのもあるけど、よく考えられた良い部屋だと思うし、家具と家電を購入しなくてよくて楽です。まあ、築年数が若かったのと、二階の一番端っこに住んでるのも快適な理由なんだろう。

わたしは転勤なので、会社から、会社的にオッケーな家賃と通勤距離が徒歩30分圏内の物件を6つピックアップされ、その6つの概要と部屋の見取り図?間取り?をファックスされ、そのファックスから自分で選んだ部屋に住んでます。その6つのうち、3つはハナから無理な物件でした。ひとつは、一階で端の部屋だったのですが、なんかでっかいタンクみたいのが横にある部屋と書かれており、たまに振動ありみたいなことも書いてあって…なので即効却下。ふたつ目は、これまた一階。で、一応グーグルで検索してみたら…レオパレスの建物自体とレオパレスの住民用の駐車場が、隣接しまくりだったのでやめました。最後は、一階の端っこだったのですが、二階に上がる階段の真横の部屋だったので無しにしました。

あとの3つはまともそうだったので、一番マシな今の部屋を選んだのですが、実際に部屋を下見することは出来ず(部屋を選んでるときは、まだそこではなく遠い実家から選んでいたのと、まだその部屋に人が住んでいた)でした。
でもしかし、最近はもっぱら何でもネットで検索できるので楽だ。グーグルで調べたら、近所にコンビニがあるかとかが分かって、大変助かった。
あと、最近の物件は二階に上がる共同の階段が無いことが多い。二階の部屋には、それぞれの部屋自体に階段があり、そのまま外出できる。一階に玄関があり、開けたら即階段で自分の部屋に上がるのだ。なので防犯性が高いと思う。

まあ実際に住んだら、隣がうるさいとか、日当たりが微妙とか色々な問題が出るのでしょうが、わたしは何もなくラッキーでした。

最後にちょい思ったこと。
1、ちょい高さのあるロフト的なトコで寝てるのだが、これがただの床なのだ。掛け布団、敷き布団とだけ持ってきたのだが、マットレスが必要だ。
2、高さのあるトコで寝てるため、夜中にトイレに行くが大変。暗闇で、2段しかないが階段を降りるのは、とてもスリリング。
3、劇的に狭い台所なので、なかなか調理がしにくい。まあ一人暮らしやから、テキトーに割引きになった弁当なんかを買ってきたほうが経済的なんだろうけど。
4、でっかい収納はたくさんあるが、小さい引き出しみたいなのは皆無なので、靴下やパンツ、ハンガーに掛けない類いの衣服は収納するものが無かった。まあ、スペースはあるので、小さい衣装ケースみたいななのは持参する必要がありました。

5、自転車を買ったので、住民用の駐輪場に停めるのだが、以前住んでいた住民が処分せずにそのまま放置してるから、駐輪場がいま現在使われていないゴミみたいな自転車で溢れかえっていた。さながら、その風景は大阪の何重にもになった駐車の状態と似ていた。

 

 

あと住む前に、鍵を取りに現地のレオパレス不動産みたいなとこに行くのだが、駅と不動産屋と住む物件が、そんなに都合のいいところでは無かった為、かなりの大移動になった。もし鍵をもらった当日に引っ越しされるのだったら、朝イチから動かないとエライ目に合うかもしれません。f:id:otoboke-imotarou:20170404100837j:image

仕事に行きたくないのだが転勤を受け入れました

つまらないことになってる毎日。
仕事が嫌で行きたくないのだが、これと言ってやりたいことがないので嫌々行っている。

ブラックかと言えば、そうでもないのだが、たまに関わらないといけない上司が代わり、そいつがかなりトンチンカンで疲れるのだ。

やはり仕事は人間関係なんだなあと改めて実感する。

 

一緒に働いている準社員の時給が上がった。わたしは正社員なので固定給だが、準社員の社員は時間給なので微々たるものだが時給があがり周りは喜んでいた。しかし、とんでもない通知がきた。
毎月の休日を1日増やせとのこと…

いやー休みが増えてよかったやんと思ったが、、まてよ、ということは…
そう、働く日数が1日減り実際に働いている時間が減らされるので結局トータルでもらえる給料は変わらないのだ。
うわーなんちゅう嫌な会社なのかと更に改めて感じた。40過ぎのおばさんなわたしを雇ってくれありがたいのだが、なかなか嫌になってきた。

 

辞めたいなーを連呼すると親や友達は、はじめは親身になって相談を聞いてくれるが、何回も辞めたいなーを言い続けると、面倒なのと、本当にどうでもいいと思っているので、辞めたらいいやんと軽く言われる。ごもっともなのだが、40過ぎのおばさんの就活…考えただけでも恐ろしい。。子どももペットもいないが、母が居る。彼女は自分がボケて施設に入るくらいの貯金はあるが、今後のことなど分からない。なので働けてお金をもらえるうちは頑張らないと。。わたしの人生だし好きなことして生きればいいのだが、お金がないのは不安だ。今後、一緒に住む人がおらず、ひとりで生きていくことよりも不安だ。

てなわけで、本当は全く行きたくないが転勤を受け入れて出雲に引越しすることにした。友達も親戚も居ない、居るのはパートのおばさんひとり。。悲しすぎる。
なんか〜病んできたが、家賃も会社が全部持ってくれるし、月に一度実家に帰る往復の交通費も出してくれるらしいし、有り難く働かせてもらうことにする。

出雲大社に何回お参りしたって、なんの縁も得られなさそうだが、やることがなさそうなのでしてみることにする。。

 

新幹線の料金が高過ぎる

儲け過ぎでしょう。JR。

 

東北新幹線で盛岡から東京。東海道山陽新幹線で神戸に帰ってきたのだが、東北新幹線のわたしが帰宅する時間の便には指定席しかなく、自由席が無かった。

仕方ないので、指定席をとったが、仕事が早く切り上げられたので一本早い便に席を変更して帰ることにした。

最初、指定席を取ったときに、便を変更するかもしれないが、新幹線が混んでないかどうか心配だけどと駅員さんに聞いたら、そんなに混んでないから簡単に変更できるでしょうといわれた。

 

が、混んでいた。まあ金曜の18時前後の東京行きだから…ということで3列並びの真ん中という選びようのない席で帰ることに。 

 

いや苦痛だった。窓際は40歳くらいの清潔そうな男子…だが、信じられないくらい咳こんでいた。ゲボゲホ…とてもツラそうだが、わたしもツラい。どないしよう風邪うつったら。。

通路側は60歳くらいのスーツなおじさん。基本寝ててじっとしてるのはありがたいのだが、とても臭い。ワンカップをあけた形跡があり、ワンカップを飲んだ後の独特の寝息は臭いし、靴を脱いで寝てるから足も臭くて。。

 

券売機で席を選ぶとき、席に風邪マークや臭いマークを付けて欲しい。そんなのに挟まれて帰るのと、快適な人の隣で帰るのと同じ値段はおかしいと思った。

 

その2人は大宮で降りたので、東京に着くまでだけ快適だったが、次は東京で乗り換えて神戸まで。次は始発なので自由席にした。安全そうな席を確保して、やれやれとビールをあけてうつらうつらしてたら、品川から乗ってきた20代後半くらいの女性が前に座った。座った瞬間、シートをこれでもかというくらい倒してきた。

あり得ない…

まあ自由席だし、隣の通路側に移動して回避。またうつらうつらしていたら、通路を挟んだ隣に袈裟をきた御坊さんな風貌、70歳になってないだろうくらいの男性が座った。

これがまたうるさい。ずっと池波正太郎先生原作の仕掛人藤枝梅安の漫画をハイボールの500缶を片手にあたりめを食べながら読んでいるのだが、あたりめをクチャクチャと音を立てながら食べるもんだから、その音が気持ち悪くて。。気になって。。

 

移動するのも面倒なので、そのまま耐えた。そしたらラッキーなことに2人は名古屋で降りたので、その後は快適だった。

 

自由席だから仕方ないが、もしこれが指定席だったらと思うと腹がたつだろうなと感じた。

風邪マーク、臭いマーク以外にシートを倒しまくるシートマークと、あたりめをクチャクチャ食べるあたりめマークも指定席を券売機で買うときの画面につけておいて欲しいと切に思いました。

f:id:otoboke-imotarou:20170114161549j:image

男の人に疲れる

わたし史上最長の出張中

(ビジネスホテル25日泊)に、

知り合いの男の人からLINEがきた

 

お疲れー とか

前に美味しかった鍋があるのだけど

一緒に行きたいなーとか

 

なんだか突然といえば

突然だったLINEだったけど

悪い気はしなかかったので

っていうか嬉しかったので

 

ありがとうって

わたしも一緒に行きたいですって

返事したら

 

数時間後

どっかの誰かのフェイスブック

わたしに連絡をしてきた

男の人がタグ付されていた投稿が

あがってきてて見てしまった。

つい何時間か前に旅行先で

撮ったであろう画像には

彼の隣に彼女らしき人と写ってた。

 

その男の人は、彼女と旅行しながら

わたしに甘い言葉をLINEしてきたのだ。

 

なんなんやろう…

 

何も悪いことしてないのに

何でこんなに打ちのめされているのだろう

仕方ないのでワンカップ買って

飲み干しました。

 

f:id:otoboke-imotarou:20170111235836j:image

 出張中の盛岡は超寒くつらい。

早く帰りたい。