りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

関西人の芸人との関わり

ボクらの時代にこの3人が出てた。

懐かしい。

f:id:otoboke-imotarou:20190118082805j:image

 

みんなコンビを解消してピンになったのよね。

モストデンジャラスコンビにLaLaLaにリミテッドって…松口VS小林って…あったね。。

 

すんげ〜が終わって、二丁目が無くなり…でも「くわんがく」(カタカナやったかも)でレシートすごろくあたりで人気が出始めた陣内を、たむけんはオールザッツで何年も「陣内死ね」と言い続け、多分超合金あたりの同窓会みたいな企画を子連れで参加したときも、まだ言葉を話し始めたぐらいの幼児の息子にも「陣内死ね」を覚えさせ、連発させたのが面白かったな。

 

わたしは、ネタよりも、あの辺の芸人が集まって話しをしてるだけが一番ウケたし、死ぬほど笑った。

メッセンジャー黒田をブラック田黒田と呼ぶコントや、金八やらジャッキーチェンが、好き過ぎて出来たと思われるコント…他にも長渕剛もあったな…とにかくみんな楽屋でワイワイ言って、でもそこから組み立てて出来たんだろうなあと笑いながらも関心してみてた。

あと、すんげ〜ベスト10って、NSC出身でなくてもオーディションで合格してオンエアになる素人みたいのが、徐々に芸人になっていくのも面白かった。サバンナにシャンプーが、最初はよそよそしかったのに、途中から千原?陣内?軍団みたいになっていくのを今でもはっきり覚えている。

 

話は変わって、わたしのイトコ(男性、もうすぐ50歳)は、大学を卒業してから10年間くらいは実家のある大阪から離れて、転勤で東京在住だったのだが、実家に帰省するタイミングは必ず明石家電視台に合わせてた。明石家電視台をみたら大阪に帰ってきた感が増すといつも言ってた。わたしも最近、転勤で関西に1年間居なかったときは、死ぬほど関西のお笑いを撮りためた。

 

また、うちの母はわたしがダウンタウンやら、二丁目〜baseに出てた芸人の出てる番組をみて笑ってたら、2、3回に一度ぐらいの高い確率で、昔の三枝、仁鶴、鶴瓶、八方がどれだけ面白かったかを軽く語り始める。多分これは、関西の70代、60代後半世代の得意文句だろう。

何だか分からないが、張り合ってくる。

 

こんな感じで育ってきたので、他人とは思えない昔から知ってる、面白い他人イコール芸人は、我々(わたしの身近な人たち)にはかなり欠かせない存在だ。

 

今日も友達から、明日の過ぎるTVは、長谷兄NGKコレやるとラインがきた。

わたしは関西で生まれ育って幸せだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

上司がイマイチ

とにかく上司がイマイチで気に入らない。

怖いし、いつ何を言われるのかとビクビクしているわたし。最近ストレスなのか、顔も勝手にビクビク動く。どうしよう、顔面神経痛になったら…

 

嫌ポイント1.

自分が可愛がっている もしくは かなり上の立場の人以外には基本マウンティングで、上から押さえ込むような話し方しかできない。

嫌ポイント2.

かなり計画性がなく、思いついたことをすぐに口に出し、周囲を巻き込んで仕事を増やすが、残業をするなと圧をかける。

なのに仕事を増やしたことを忘れ、こっちが作ったデータやらを確認しない。

嫌ポイント3.

ワイシャツにソース系の汚れが大きくついているのに、皆を集めてどうでもいい指示を出す。しかし、皆その汚れが気になって話が入っていかない。

嫌ポイント4.

センスが無いわりに、デザイン系の仕事に加わる。で、その上司の意見に反論せず、凄いですね(ハートマーク)を連呼する超お気に入りがデザインをおこすもんだから、かなりの駄作のモノが出来上がる。しかも大量に。…大量の在庫。。

嫌ポイント5.

常に顔がニヤけてる。

嫌ポイント6.

渋滞してたと言ってよく遅刻する。

嫌ポイント7.

40歳ちょうどとは思えない老けた顔。

嫌ポイント8.

休みの日や夜中にメールで仕事を振ってくる。でその上司の犬みたいな部下1号が、驚きの早さで内容の無い返信をする関係性も嫌。

嫌ポイント9.

その上司が嫌過ぎて、かなりの人数が辞めた。

なので、残った数名で電話に出て、郵便を出しに行き、かなりの事務処理をこなすハメになっているのだが、それが気に入らないらしく…もっと金になるようなクリエイティブ、もしくは営業的な仕事をしろと言ってくる。

嫌ポイント10.

なのに追加の人員を雇ってくれないから、みな重労働になり、辞めたい予備軍が沢山いる。

嫌ポイント11.

何でも自分の手柄にする。

 

すごい止まらず11個すぐ書き出せた。

まだまだ出るがとりあえずこのへんで…

 

土日休んだ後の、月曜日の朝は(日曜の夕方頃から)会社に行きたくなくて仕方ない。

嫌いなんだよ(T_T)その上司が。。

 

でも最近いいものを見つけた、その上司が超ノリノリで投稿してたFBだ。

かなり高いであろう山の頂上に立ち、イェイ!みたい写真がかなりウケた。まだ髪があった。あと俺はこの山に勝った的な超ナルシストで気取った文章が沢山あった。

 

上司がFBを退会する前に、あの投稿をデータ(スクリーンショット)で残しておかなくては…いつか恥ずかしい写真としてばら撒いてやる。やらないけど…

 

その上司に何か嫌なことを言われたりしたら、その悪趣味なFBの投稿を思い出して精神を安定させているわたし。そんなんで我慢していて、わたしはなんていい奴なんだ。

 

明日はその上司が出張から戻ってくる。。

早く転職しないと…

 

 

 

 

 

富田林にて

墓参りを久しぶりにした。
場所は富田林。何かと話題の富田林に祖父母の墓があるのだ。
笑いごとでは無いが、富田林は樋田容疑者一色だ。等身大のパネルがおもろい。
撮らなかったけど。

昼に墓参りをした後、樋田容疑者の実家がある、またまた話題の松原市に寄った。親戚に会うためだ。

松原市在住の親戚のおばさんによると、事件から今までに、3回私服警官が家に来たらしい。それはおばさんの家だけでなく、隣近所全てどの家も3回は来てるらしい。

おばさんは、あまりにも腹が立つのでその訪ねて来た私服警官に、こんなただの主婦の自分でも毎日かなりの緊張感を持って生活を送っているのに、警察は樋田容疑者を取り逃がして、何の緊張感もなく仕事をしているのではないかと言ってやったと誇らしげに話してくれた。
私服警官は、そんなことは言われ慣れているような対応だったらしいが…

いやしかし、台風も来たし風呂だって入りたいし、お腹もすくし、寒くなってくるし…樋田容疑者はどうやって逃げているのだろうな。
わたしには全く想像できない。

その松原市在住のおばさんは、最寄り駅にある樋田容疑者の写真をガラケーで撮り、たまに眺めては顔を忘れないようにしていると言っていた。捕まえて懸賞金を、孫やらわたしに分けてあげると意気込んでるのだ。
まあそれは関西人のおばさんの血が騒いで出た軽い冗談なんだが。

わたしがおばさんと読んでいる人は来年80歳。おばさんではない、おばあさんなのだ。
毎日1人で気を張って暮らしている。
ほんまに警察は早く捕まえてくれないだろうか…

f:id:otoboke-imotarou:20180926232118j:image

9月4日台風の日

阪急神戸線通勤で梅田に向かうのわたし。会社から来るなとも来いとも言われず、、仕方なしに、まだ連絡しやすい上司に朝確認すると、、電車が動いているうちは出勤しろとのこと。

 

なるほど!じゃあ行きます!とは思えず。

ではもし帰れなくなる場合は…の指示を一応待ったが、上司はもうすでに出勤していることをわたしに告げ、グダグダ言わず早く来いとの雰囲気の沈黙。

てなわけでガラガラの車内で妙に快適に出勤。

 

8時45分に出勤し朝礼後、ちらほらしか着てない社内を確認。阪神、南海、JR、京阪組はどうも来てない様子。。阪急、近鉄、大阪地下組は出勤している。。

なんだかな〜と数件のメール確認し処理したりした後の9時40分頃、阪急神戸線の特急間引き運転→その後、運休する可能性ありのHPを確認し、上司に報告。

 

すると、どうぞ帰ってくださいとのこと…

会社に来て40分で帰ってくれって…

 

まだ本降りでは無いが、これから確実にエライことになりそうな雲行きの雰囲気の中昼前に帰宅。

 

いま9月4日の20時で夕食も済ませ自宅に居るが、帰宅して台風のニュースを見ながらのこの時間だがなんだかモヤモヤする。

 

 

 

 

電車で移動中にタブレットで

20時過ぎのそこそこ混んでる特急電車で移動中。

立っているわたしの向かいに座っている40代とおぼしき男性がタブレットでなんやら映像をみてるのが、後ろの車窓に映っている。

一瞬AVかと思ったが違った…

プロレスだった…