りっぱなおとなになれなかった

40才くらいの独り言

お風呂やさん

近所のお風呂やさん。

わたしはたまにしか、そのお風呂やさんに行かないのだが50歳ぐらいで背中にばっちり消えない模様を彫られているご婦人とたまに一緒になる。
それはもう見事なんだが、小さな子供さんもたくさんいる普通のお風呂やさんなので、なかなか目立つ。
見たくないけど見てしまう。
で、勝手にいろいろ想像してしまう。

 

極道の妻なんだろうか…
若気の至りなんだろうか…
消したくならないのか…
なんなんだろうか…
見せびらかしたいのか…
いやしかし、あんな立派なもんをこんな普通のお風呂やさんで見せびらかすってことはないな…

とぐるぐる想像していたら、最近1名増えました。また別のお方で、ふとももにこれまたかなり立派な模様を彫られたご婦人がその銭湯に通われてます。

あんなに立派な彫り物をするって痛かっただろうな…
タトゥーといったら何となくオシャレに聞こえるが、あれはまあ彫り物よね…
殿方に彫れと言われたのかしら…
って言うか眉毛が細すぎる…
あんな細すぎる眉毛、やはり普通の職業の人じゃあないよね…

ってあんな彫り物してるって普通じゃないし…
後悔してないのかな…

 

とにかくそのご婦人2人は若くないのだ。

 

あんな立派な彫り物をして年齢がいってしまうことを想像していなかったのか…
歳とって、ただのお風呂やさんで、あんなど迫力の彫り物を披露する羽目になることを想像できなかったのか…
想像できていたら、あんな彫り物はしてないか…
どういう手段で誰が稼ぐか分からないが、その辺のお風呂やさんに行かなくてもいいようなでっかい露天風呂を自宅に作り、誰にもじろじろ見られることなく風呂くらい入れるようにならないとダメなんじゃないか…人生間違えているのじゃないか…

と想像は止まらない。やめられない。

まあわたしには何にも関係ないから、どうでもいいけど、こんなにわたしを含めて、あんな普通のお風呂やさんで皆んなが色んな想像をしていると推測できる。

そんな私たちにいろいろ想像されるような、普通のお風呂やさんに来てしまっているだけで…


ということで、もし彫物に興味があり、入れたいと思っているヤングな方がいらしたら、そういった方がいそうな関西のお風呂やさんに来てみて入浴をしてはいかがでしょう。
若くないご婦人の立派な彫り物。
とても強烈です。

ピッチピチッとした肌ではないため、模様と肌のギャップがもう…
で、いろいろ考えると思います。
わたしみたいに彫り物なんて、これっぽっちも入れたくない人間でも、たまにあのお風呂やさんに行くと考えすぎて仕方ないもの。

 

もう一度見たいドラマ

お題「もう一度見たいドラマ」

 

捕まった人が出てたドラマはもう見れないのかしら?ちゃんと調べてはないけどー

「月9の君がいた夏

https://m.youtube.com/watch?v=B8rfDmvzHh0

ひょんなことから、同じ家で暮らすことになった若者3人…そんなシチュエーションあるわけないやん!と今なら分かるが、ドラマ放送当時の自分には分からなかった。真剣にみてたわ。

最近?の桐谷美玲ちゃんが出てた好きな人がいることになんとなく、そのありえないシチュエーション具合は似てるかな。

人気絶頂だった 筒井道隆いしだ壱成瀬戸朝香

とりわけ瀬戸朝香が魅力的だった。

水泳を本気でやってたと思われる肩がかっこよかった。

妊娠、中絶、就職、母親、てんこ盛りでしたな。

いしだ壱成の逮捕で再放送はないだろうなー

 

「オヤジぃ。」

今じゃありえない豪華すぎるメンツ。

田村正和黒木瞳水野美紀広末涼子岡田准一。そして、今じゃ想像できないくらい若い岡田くんの芝居が上手すぎる。あの泣きシーンは、今の若手は絶対に真似できないと思われる。こんなに芝居ができる10代のジャニーズは二度と出てこないでしょう。

これは、DVDでみれるかな。

 

ランチの女王」「オレンジデイズ」「あすなろ白書」「白線流し」うーん。なかなか夢中でみてた。

いまは高畑充希ちゃんの「同期のサクラ」を楽しみにしてます。あとキムタクの「グランメゾン東京」。

 

働き方改革のせいで

安倍さんは、一体日本をどうしたいのだろうか。

 

この10連休、人手不足過ぎるわたしの会社では希望休をとるパートで、店舗のシフトはスカスカだ。お客様は多いのに、普段全く店舗に立たない本部のオジさんが、明らかに場違いだなぁって顔で接客してる。オジさんに、慣れない店舗業務をさせて、レジなど間違えないか…横でほぼ監視しながら接客するのは無理がある。ましてや、親子ほど歳が違う人に前準備も、マニュアルもなく業務を引き継ぐのは、時給を倍にしてもらっても嫌な仕事だ。

 

お客様もお客様で、こっちの店の状況なんか知らないから、好き勝手なことばかり押し付けてくる。ポイントが倍のこの時期に、自分が欲しい商品を○○個用意しておけってTEL…

まずワンオペの店に電話をしてこられて、電話になかなか出ないって文句言われても。。

あと、その商品がポイント倍の時期に入荷させられないことを伝えると、じわじわ怒り出す。。

いやーこの連休中の物流は完全にストップしてますやん。分かるやん。分からないらしいが…しかも超単価の安い商品やし。。

こんな奴(もうお客様とは呼ばない)に育てられた子供はロクな大人にならないだろうな。

お前は(さらにお前呼ばわり)旦那に浮気されろ!と心の中で叫ぶ。わたしは性格に難ありです。

 

そこそこ店舗がたくさんある会社で勤務している私。気がついていたけど、気づかないフリしてたが、、連休明けの7日に明らかに遅番が不足している店舗がある。距離的に私が応援で行くべき店舗だが、1日から6日まで6日間連続勤務するので、無駄に大きい会社にて勤務している私は最大6日間連続勤務以上はしたらダメなのだ。総務に春からカナリ注意されまくっている。

 

でも本当に人が居ないから、私しか応援者が居ない。えっこれって、、もしかしてタイムカード打たずに働けってこと?

私は無駄に大きいに付け加えて、ブラック会社に勤めているので、春までは残業代が付かずに働いていたが、春からは残業代が付くようになった。

安倍さんの働き方改革のおかげなのだが、その代わり基本給が減らされた。。

さすがブラック会社、よくそんなこと思いついてくれるよ。

上司からは、これからはコンスタントに30時間ほど残業したら、以前と同じくらいの給料になると説明された。

 

「コンスタントな残業」って言葉…信じられない…死ね…

 

常に辞めたいと思っていたが、この一言で最高に辞めようと決意し、一瞬だけ転職活動したが、なかなか世の中は厳しいということだけを再確認しただけに終わった。むなしいむなしい。

 

残業するなって安倍さんは言うけど、一緒に給料を下げるなって言わないから、我々ヒラ社員はロクな報酬がもらえない。消費税も上がるし年金も貰えるか怪しいし、結婚してないし(それはわたしのせいだが)なのに何で、改革するのだ。安倍さんはどこの誰のために政治をしているのだろう。

 

わたしはワンオペの店舗の休憩を回すために、自分の休憩時間を潰して移動してる。

時間が無いから、移動の電車やらバスで値引きされた菓子パンを食べている。同じ空間にいる人たちすみません。こんなんばっかり食べて、確実に痛風になるので見て見ぬ振りしてください。よろちくび。

 

 

 

 

 

 

 

関西人の芸人との関わり

ボクらの時代にこの3人が出てた。

懐かしい。

f:id:otoboke-imotarou:20190118082805j:image

 

みんなコンビを解消してピンになったのよね。

モストデンジャラスコンビにLaLaLaにリミテッドって…松口VS小林って…あったね。。

 

すんげ〜が終わって、二丁目が無くなり…でも「くわんがく」(カタカナやったかも)でレシートすごろくで人気が出始めた陣内を、たむけんはオールザッツで何年も「陣内死ね」と言い続けたり、超合金あたりの同窓会みたいな企画を子連れで参加したときも、まだ言葉を話し始めたぐらいの幼児の息子にも「陣内死ね」を覚えさせ、連発させたのが面白かったな。

 

わたしは、ネタよりも、あの辺の芸人が集まって話しをしてるだけが一番ウケたし、死ぬほど笑った。

メッセンジャー黒田をブラック田黒田と呼ぶコントや、金八やらジャッキーチェンが、好き過ぎて出来たと思われるコント…他にも長渕剛もあったな…とにかくみんな楽屋でワイワイ言って、でもそこから組み立てて出来たんだろうなあと笑いながらも関心してみてた。

あと、すんげ〜ベスト10って、NSC出身でなくてもオーディションで合格してオンエアになる素人みたいのが、徐々に芸人になっていくのも面白かった。サバンナにシャンプーが、最初はよそよそしかったのに、途中から千原?陣内?軍団みたいになっていくのを今でもはっきり覚えている。

 

話は変わって、わたしのイトコ(男性、もうすぐ50歳)は、大学を卒業してから10年間くらいは実家のある大阪から離れて、転勤で東京在住だったのだが、実家に帰省するタイミングは必ず明石家電視台に合わせてた。明石家電視台をみたら大阪に帰ってきた感が増すといつも言ってた。わたしも最近、転勤で関西に1年間居なかったときは、死ぬほど関西のお笑いを撮りためた。

 

また、うちの母はわたしがダウンタウンやら、二丁目〜baseに出てた芸人の出てる番組をみて笑ってたら、2、3回に一度ぐらいの高い確率で、昔の三枝、仁鶴、鶴瓶、八方がどれだけ面白かったかを軽く語り始める。多分これは、関西の70代、60代後半世代の得意文句だろう。

何だか分からないが、張り合ってくる。

 

こんな感じで育ってきたので、他人とは思えない昔から知ってる、面白い他人イコール芸人は、我々(わたしの身近な人たち)にはかなり欠かせない存在だ。

 

今日も友達から、明日の過ぎるTVは、長谷兄NGKコレやるとラインがきた。

わたしは関西で生まれ育って幸せだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

上司がイマイチ

とにかく上司がイマイチで気に入らない。

怖いし、いつ何を言われるのかとビクビクしているわたし。最近ストレスなのか、顔も勝手にビクビク動く。どうしよう、顔面神経痛になったら…

 

嫌ポイント1.

自分が可愛がっている もしくは かなり上の立場の人以外には基本マウンティングで、上から押さえ込むような話し方しかできない。

嫌ポイント2.

かなり計画性がなく、思いついたことをすぐに口に出し、周囲を巻き込んで仕事を増やすが、残業をするなと圧をかける。

なのに仕事を増やしたことを忘れ、こっちが作ったデータやらを確認しない。

嫌ポイント3.

ワイシャツにソース系の汚れが大きくついているのに、皆を集めてどうでもいい指示を出す。しかし、皆その汚れが気になって話が入っていかない。

嫌ポイント4.

センスが無いわりに、デザイン系の仕事に加わる。で、その上司の意見に反論せず、凄いですね(ハートマーク)を連呼する超お気に入りがデザインをおこすもんだから、かなりの駄作のモノが出来上がる。しかも大量に。…大量の在庫。。

嫌ポイント5.

常に顔がニヤけてる。

嫌ポイント6.

渋滞してたと言ってよく遅刻する。

嫌ポイント7.

40歳ちょうどとは思えない老けた顔。

嫌ポイント8.

休みの日や夜中にメールで仕事を振ってくる。でその上司の犬みたいな部下1号が、驚きの早さで内容の無い返信をする関係性も嫌。

嫌ポイント9.

その上司が嫌過ぎて、かなりの人数が辞めた。

なので、残った数名で電話に出て、郵便を出しに行き、かなりの事務処理をこなすハメになっているのだが、それが気に入らないらしく…もっと金になるようなクリエイティブ、もしくは営業的な仕事をしろと言ってくる。

嫌ポイント10.

なのに追加の人員を雇ってくれないから、みな重労働になり、辞めたい予備軍が沢山いる。

嫌ポイント11.

何でも自分の手柄にする。

 

すごい止まらず11個すぐ書き出せた。

まだまだ出るがとりあえずこのへんで…

 

土日休んだ後の、月曜日の朝は(日曜の夕方頃から)会社に行きたくなくて仕方ない。

嫌いなんだよ(T_T)その上司が。。

 

でも最近いいものを見つけた、その上司が超ノリノリで投稿してたFBだ。

かなり高いであろう山の頂上に立ち、イェイ!みたい写真がかなりウケた。まだ髪があった。あと俺はこの山に勝った的な超ナルシストで気取った文章が沢山あった。

 

上司がFBを退会する前に、あの投稿をデータ(スクリーンショット)で残しておかなくては…いつか恥ずかしい写真としてばら撒いてやる。やらないけど…

 

その上司に何か嫌なことを言われたりしたら、その悪趣味なFBの投稿を思い出して精神を安定させているわたし。そんなんで我慢していて、わたしはなんていい奴なんだ。

 

明日はその上司が出張から戻ってくる。。

早く転職しないと…

 

 

 

 

 

富田林にて

墓参りを久しぶりにした。
場所は富田林。何かと話題の富田林に祖父母の墓があるのだ。
笑いごとでは無いが、富田林は樋田容疑者一色だ。等身大のパネルがおもろい。
撮らなかったけど。

昼に墓参りをした後、樋田容疑者の実家がある、またまた話題の松原市に寄った。親戚に会うためだ。

松原市在住の親戚のおばさんによると、事件から今までに、3回私服警官が家に来たらしい。それはおばさんの家だけでなく、隣近所全てどの家も3回は来てるらしい。

おばさんは、あまりにも腹が立つのでその訪ねて来た私服警官に、こんなただの主婦の自分でも毎日かなりの緊張感を持って生活を送っているのに、警察は樋田容疑者を取り逃がして、何の緊張感もなく仕事をしているのではないかと言ってやったと誇らしげに話してくれた。
私服警官は、そんなことは言われ慣れているような対応だったらしいが…

いやしかし、台風も来たし風呂だって入りたいし、お腹もすくし、寒くなってくるし…樋田容疑者はどうやって逃げているのだろうな。
わたしには全く想像できない。

その松原市在住のおばさんは、最寄り駅にある樋田容疑者の写真をガラケーで撮り、たまに眺めては顔を忘れないようにしていると言っていた。捕まえて懸賞金を、孫やらわたしに分けてあげると意気込んでるのだ。
まあそれは関西人のおばさんの血が騒いで出た軽い冗談なんだが。

わたしがおばさんと読んでいる人は来年80歳。おばさんではない、おばあさんなのだ。
毎日1人で気を張って暮らしている。
ほんまに警察は早く捕まえてくれないだろうか…

f:id:otoboke-imotarou:20180926232118j:image